診療科目で歯科を選ぶ│いろいろ治療を受けることができる

白い歯

虫歯を治す医療器具

歯科

豊中にある歯医者では、患者さんのためにできる限り歯を削らない虫歯治療を行なう所があります。豊中の歯医者は初期の虫歯であれば、歯にフッ素を塗って虫歯菌に侵されている箇所を治療するのです。フッ素には虫歯菌に侵されている箇所を治療する働きがありますから、削らずに治療を行なうことができるでしょう。他にはロンドフレックスという医療器具を使用して、虫歯菌だけをなくすことができる治療を行なっています。虫歯菌に侵されている箇所は他の歯と比べて柔らかくなっているため、その箇所だけをロンドフレックスを使用して除去することができるのです。虫歯菌に侵されている箇所を飛ばした後は、歯科用のプラスチックを治療した箇所に詰めます。こうすることによって歯を削らずに虫歯菌だけを除去して、そこに虫歯菌が入り込まないように予防することが可能です。初期の段階ならばこのような治療で、痛みを感じることなく治せますが悪化すると歯を削らないといけません。ですが、豊中にある歯医者では他にもいろいろな医療器具を導入しているのです。マイクロスコープという歯科用の顕微鏡を使用することで、患者さんの口の中の細部まで見ることができるでしょう。細部まで見ることができるということは虫歯菌に侵されている箇所だけを削れますから、余分に歯を削ってしまうことはありません。他にはレーザーを使用して虫歯治療を行なう歯医者が豊中があります。レーザーを使用することで虫歯菌だけを除去しますので、麻酔を使用せずに治療を行なえるでしょう。虫歯治療を受ける際はこのような歯医者を豊中で探してみてください。